BLOG

ブログ

老いの恩恵 その9

何もなくても

老いの恩恵 その9

老いと妊娠中の散歩

先日、妊娠中の散歩の効果について話をしているとき、ふと、これって「老いの恩恵」と重なっている、と思いました。

妊娠中の散歩は、出産のための「体づくり」に役立ちます。散歩をすることで、大きくなったお腹を自分で支えるという体が育ちます。それは出産のための体づくりであり、産後の回復のための体づくりでもあります。

妊娠中の散歩には、もうひとつ効果があります。それは産後の生活のための「心づくり」です。

心づくりとは?

妊娠中の散歩を続けると、歩くことの心地よさや体の快適さ、そして日常の風景の面白さに気づくようになります。何よりも、歩くことで体調は良くなります。

ここにあるのは淡々とした生活の心地よさです。それは「何にもなくても幸せ」という感覚へとつながります。

この「何もなくても幸せ」という感覚、心の在り方が、産後の生活を支えてくれます。産後は赤ちゃん中心の生活となり、妊娠前と同じような生活にはなりにくいからです。

成るかな? 何もなくて幸せ

この「何もなくても幸せ」に、僕もなれるだろうかと思いました。

年齢を重ねると、これまでできたことができなくなります。それは体力であり、能力であり、気力の衰えです。僕の場合、目が疲れやすくなったこと、読書の集中力の低下です。

良い意味で社会との距離も生まれました。かつてあった社会的な欲望や野心、そういったものとも距離が生まれました。そういうものは段々とめんどくさくなってきます。

そうは言っても、かつてのような「いろいろなこと」ができなくなった、ということも事実なので、何もなくても幸せ、という感覚、そんな境地が大切になってきます。

というわけで、手ぶらで、目的もなく、1時間以上の散歩を心がけます。

つづく

関連ブログ

ブログ記事投稿者

中安一成:1980年代後半より鍼灸師、植物療法家として自然療法に携わる。静岡市在住。現在はバッチフラワーレメディ、ロッキングテクニックのクラス、バイオグラフィーワークのワークショップ実習を行う。ネット上でバッチフラワーレメディ、バイオグラフィーワーク、ロッキングテクニックの情報サイトnotebooks801を運営。バッチフラワーレメディ(バッチ財団登録)プラクティショナー、エサレンマッサージプラクティショナー、レイキマスター、鍼灸マッサージ師。

中安 一成 自然療法家 静岡市

自然療法家。バッチフラワーレメディ、ロッキングテクニックなどのワークを行う。静岡市在住。

戻る